腰痛の予防解消 突然のぎっくり腰に最適 医師が考案した「お医者さんのコルセット」
着けるだけで無理なく姿勢を正し、腰痛や背中の痛みを予防し、
元気よく歩き回ることができるようになります ⇒ お医者さんのコルセット

体の中から腰痛を改善する方法

腰痛を改善する方法のうちのひとつとして食事から効果のある成分を摂って行くという方法もあります。腰痛を改善していく効果のある成分としてはまずビタミンB1などがあります。

ビタミンB1の効果としては食べ物をとることでごはんなどの糖分を取るときに神経や筋肉などに使用されるエネルギーなどを作り出してくれます。ビタミンB1はおもに豆腐や豚肉であるとか玄米などにも多く含まれているようなのですが、疲労回復にも役立つ成分であるようです。

腰痛に効果のある成分としてはこの他にビタミンEがあります。ビタミンEは、血の流れをよくする効果があり、手足の血行もよくします。疲労物質である乳酸などを追い出してしまうことなどや、血の流れによって栄養分などを神経系統に運ぶ働きもあります。ビタミンEが含まれている食べ物としてはマーガリンや豆腐、ナッツ類、かぼちゃなどに多く含まれているようです。

この他にはビタミンB12であるとかビタミンDなどがあり、ビタミンB12は神経系の働きを維持する役割を持ち、腰痛症などの痛みを和らげます。これ等のしびれや腰痛などは末梢神経が傷ついているためでもあるのですが、ビタミンB12のひとつであるメコバラミンは末梢神経の傷を治してゆく働きがあるようです。神経の修復を目的としてメコバラミンを食事だけで摂取するのは大変なようです。ビタミンDの働きとしては、骨などの発達に良い作用があるようです。

この他腰痛などに効果のある成分としてはカルシウムやコンドロイチンなどがあります。カルシウムは歯や骨などの発達に良いとされます。カルシウムを摂る際には食事を取りながらも運動などを行うと効果が良く出るようです。コンドロイチンの効果としては、軟骨などが摩擦で減るのを防いでくれる効果があるようです。

次に読む記事は?
>> 腰痛の痛みを和らげるには?
>> 腰痛の原因

カテゴリ:腰痛の情報源

腰痛の原因

現代人の約80%の人が何らかの腰痛の症状を持っていると言われています。
それだけ多くの方が悩んでいる腰痛の原因とはいったい何なんでしょうか?考えてみたい肩凝りや腰痛の原因には大きく分けて外的要因と内的要因の二つに分かれていて、パソコンワークやデスクワークなど、長時間同じ姿勢でいたり、姿勢が猫背だったり、靴が合わずに無理して履いたりと姿勢から来るものを外的要因といい、歳とともに筋力が衰えてきて姿勢が保てなくなったりして起こる筋肉量不足というものを内的要因と言います。。

これらの症状は更年期障害とも深い関係があると言われていて、年齢を重ねると起こるエストロゲンの減少(卵胞ホルモンの減少)、筋力低下で関節痛が起こりはじめ、肩凝りや腰痛の原因になるとも言われています。

慢性化してしまうと、完治は非常に難しいとされているので、慢性化させないよう普段から生活習慣を見直したり、原因が思い当たる場合は回避したりして改善するよう心がけておくことが大切だと思います。

以下に腰痛の原因となる病状をご紹介します。

○背骨に起こる症状が原因で腰痛になっているもの。
椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
変形性脊椎症
骨粗鬆症
など

○内臓に起こる病状が原因で腰痛になっているもの。
腎臓結石
尿管結石
大動脈瘤
婦人科の病気
悪性腫瘍
などです。

もし当てはまる症状があるならば、一度専門家に診てもらって診断してもらって、改善するよう努めましょう。
今現在当てはまらなくても、将来腰痛が慢性化しないよう改善に努めるようにしましょう。



おすすめの記事は?
>> 腰痛の痛みを和らげるには?
>> 体の中から腰痛を改善する方法
>> 腰痛とは?
カテゴリ:腰痛の情報源

腰痛の痛みを和らげるには?

腰痛の中には急性の腰痛と慢性の腰痛があります。急性の腰痛への対処の方法というと、冷たい湿布を貼るということがありますし、慢性の腰痛に対しては温湿布が良いとされます。

その人の持つ腰痛の症状や原因の違いによって冷湿布がよいか温湿布が良いのかは異なってくるようです。いきなり動いて腰をいためたり、どこかに強く腰の部分をぶつけたという場合などの急性の腰痛に対しては通常では冷やす方向で湿布などが行われるのですが、冷湿布がない場合はアイスノンを使用してもいいですし、氷をいれたビニール袋などを患部にあてても良いでしょう。

腰痛が慢性のものになってしまったときは温める方向で温湿布を行うのですが、温めてもかえって痛みが強くなったりするようであれば温湿布を止めて、病院などに相談すると良いでしょう。

温湿布が身近にない場合には日常に使用している品物などを使って湿布の変わりに代用することができます。温湿布の代用品のひとつとしては、タオルを温めて患部に当てた上にドライヤーをかける方法があります。タオルの効果で熱が湿ったものになりますので効果も上がります。

その他の方法としては、蒸しタオルを患部に当てる方法があります。蒸しタオルは電子レンジなどを使うことで作ることができるのですが、この場合も熱が湿っていますので慢性の腰痛には効果的であるとされます。蒸しタオルを使用する際にはさめるのを遅くするためにタオルの上からラップなどをかけておくと良いでしょう。


youtsuu1.gif
↑↑↑興味があればクリックして確認してね↑↑↑
カテゴリ:腰痛の基礎知識

坐骨神経痛の予防

著 者: 池田 康祐


坐骨神経痛の原因の一つとして、カルシウム不足があります。

カルシウム不足が不足すると、骨からカルシウムが溶け出します。

そうすると筋肉の異常緊張(凝り)が起こり、末梢神経を圧迫・損傷させ、痛み・しびれ (肩こり・腰痛・坐骨神経痛)となって現れます。

カルシウム不足が原因の場合、動かないで同じ姿勢をしている時に、腰痛、腰が重苦しいなど辛い状態になります。

パソコンや机に向って体を動かさない時、同じ姿勢で寝転んでテレビを見ている時など、体を動かさない時、又は連続して同じ時勢をしている時に、坐骨神経痛特有の痛みやしびれの症状が出ます。

この症状の予防策としては、とにかく同じ姿勢を連続させないこと。

私はよくパソコンをしている間、小まめに肩を動かしたり、腰を回したり、椅子の代わりにバランスボールを使います。

バランスボールに座っていると、体重移動がすぐに無理なくできますし、同じ姿勢でいることが少なくなり、腰が楽に感じます。


また、カルシウム不足はヘルニア、ぎっくり腰、寝違い・足の痙攣などを起こしやすくなり、ヘルニアが原因で坐骨神経痛になることも多いそうです。

カルシウム不足を補うためには、魚がいいとされていますが、これは骨まで食べればのことです。

小魚などを頭から全部食べるのがいいんですよ。


痛みが強い方や、ヘルニアが原因で坐骨神経痛になった方は、症状が良くなるまでには時間もかかりますし、毎日続ける方がいいので、カルシウムサプリメントを利用されるのもいいと思います。

医薬品扱いのカルシウム剤、又は栄養機能食品扱いのカルシウム剤なら、標準のレベルをクリアしていますし、含有量も分かるのでいいのではないでしょうか。

摂取量についてですが、厚生省の指導で欠乏症を防ぐ必要量(所要量)は、一日600mg以上 2500mg以下です。

個人差や年齢差があるので、一概には言えませんが、カルシウムサプリメントなどで500mg〜900mgくらいを目安に摂取すれば十分だと思います。

元々カルシウムは吸収しにくく、一日に腸から吸収できる量が決まっています。

たとえ採りすぎても吸収されず排泄してしまうそうですが、注意が必要なのは、病院でカルシウムの吸収を促進するビタミンD剤などが処方されている場合です。

ビタミンDとカルシウムサプリメントを一緒に服用する時は、過剰になる事があり注意が必要です。

病院にかかられている方は、必ずお医者様と相談してください。


健康アーティクル
http://irorinet.life.coocan.jp/bih

IRORINET  池田 康祐
http://yasuhironet.com


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


次に読むならこんな記事!
>> 腰痛の痛みを和らげるには?
>> 腰痛の原因
>> 体の中から腰痛を改善する方法

腰痛とは?

腰痛とは、腰に痛みを感じる状態のことを指し、その原因はいろいろあります。腰への過度のストレスが腰痛の大きな原因として挙げられます。例えば、重いものを持ったり、長時間同じ姿勢でいたり、姿勢が悪い、あるいは運動不足などが腰痛の原因となります。

腰痛は直立歩行する人間にとって避けて通れない問題です。誰しも一生に一度は腰の痛みを経験するといわれています。通常は、自然に治ってしまったり、民間療法によって治る病気です。

しかし、腰痛の中には重大な症状が潜んでいることもありますので注意が必要です。内臓の疾患や骨の障害が原因となっているケースもあります。痛みが長く続いたり、いつもと違う痛みがある、また痛みとともにしびれを感じるなどの症状がある場合は、早めに専門医に診てもらうようにしましょう。

現代では特に、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなりいて、皆どうやって解消していこうかと課題になっていることでしょう。パソコン、デスクワークなどずっと同じ姿勢でいることにより、筋肉が硬直してしまったり、重い荷物などを正しい姿勢ではなく無理な姿勢で持ったりして起こる負担が表面化したりして、腰痛や肩凝りは起こっています。

症状がひどくなると完治することはすごく難しくなるため、そうなる前にマッサージや治療など何らかの対策を早めに行うことが重要です。

症状を軽減させる対策としてストレッチや入浴などもあるし、インターネットの掲示板など、共通の悩みを持つ方たちの解消法を見たり効いたりするなど、正しい知識を学んで有効な対策を考えてみましょう。

他の関連記事
>> 腰痛の痛みを和らげるには?
>> 腰痛の原因

カテゴリ:腰痛の基礎知識

腰痛を解消するノウハウ・マニュアル

腰痛・肩こりは今のままでは楽にはならない!カイロプラクティックの先生が教える痛みの悪循環から抜け出す方法

腰痛・肩こりは治せない! 歩けないほど悪かった私がどんなスポーツも出来るようになった! カイロプラクティックの先生が教える90%以上の人が知らない驚異的方法とは!? あなたは一生痛みに悩み続けますか?

実は、腰痛や肩こりなどは、どんな治療も、技術も一時的に楽になるものだったのです。つまり、効果が何日も続かないのです。

だから、定期的に病院や整体などに通うように言われるのです。そして、通うのをやめてしまうと体はまた悪い方向に向かってしまいます。

つまり、今までの病院や整体などに通えば楽になるという“常識”を信じていても、いつまでたっても楽にはならないと言うことです。その“常識”を信じ続ければ、多くの時間とお金を無駄にしてしまうことになりかねません。そしてその結果、まったく楽にならないこともあり得るわけです。

では、どうすればいいのでしょうか?

▼それは・・・
腰痛・肩こりは今のままでは楽にはならない!カイロプラクティックの先生が教える痛みの悪循環から抜け出す方法

関連記事
>> 腰痛の痛みを和らげるには?
>> 体の中から腰痛を改善する方法 >> 腰痛とは?

カテゴリ:腰痛の情報源

腰痛に関する無料レポート・小冊子

あれほど苦しかった腰痛が消えた!奇跡の腰痛克服法

腰痛と坐骨神経痛が消えた!

私はここ10年以上、腰痛と坐骨神経痛でもがき苦しんでいました。
あまりの痛さに会社を休んでしまったことも・・・

ところがある秘伝を知ることによって、そんな苦しみから逃れることができたのです!

このレポートでは、頑固な腰痛と坐骨神経痛を、私がどうやって克服したかを徹底的に明らかにします!
(困っているアナタのために無料で公開することにしました)

コレでアナタも腰痛のあの泣きたくなる気分からオサラバ!

 無料レポート
 「あれほど苦しかった腰痛が消えた!奇跡の腰痛克服法


腰痛の常識vs非常識1 腹筋背筋を鍛えちゃダメ

腰痛で悩んでいる皆さん!
何故貴方の腰痛がスッキリ治らないのか?

それは貴方を始め
腰痛治療の専門家と言われている人達も知らない
「腰痛の原因」があるからです。

一般的に腰痛治療や予防に関して「常識」と言われているものが実は「非常識」であったりするのです。

そのひとつが「腹筋・背筋運動」についての常識です。

これが「大間違い」なのです。
その理由をお知りになって、貴方の腰痛をスッキリしたければ是非このレポートをお読み下さい。

「なるほど!それで自分の腰痛がスッキリ治らなかったのか。」
と原因が解れば、心までスッキリしますよ。

 無料レポート
 「腰痛の常識vs非常識1 腹筋背筋を鍛えちゃダメ

次に読むならこちらがおすすめ!
>> 腰痛とは?
>> 腰痛の痛みを和らげるには?
>> 腰痛の原因

カテゴリ:腰痛の情報源

座るだけで悪い姿勢を自然に正す携帯座布団「知恵まっと」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。